毒親持ちだけど毒親になりたくない

二人の子をもつかあちゃんです。いわゆる毒親と言われる母親を持ってることに最近気づきました。毒親生まれ毒親育ち、そんな私の過去の話、現在の話を書いていきます。毒親もちだけど前向きに楽しくいきてますよーー!

同じ女性として本当にありえないと思った毒母の行動

 

f:id:okamamablog:20180924121337j:image

スポンサーリンク

U-NEXT

 

こんにちわ!!

毒親産まれ毒親育ち

次女のM氏です!!!

 

15歳で子どもを授かり

4人の子を産んだ母の話です。

 

 

うちの母は23歳で第三子を産んだ後

12年あいて35歳で第四子を産んでいます。

 

この12年の間には色々ありました。

 

色々あったことはぜひほかの記事を

ご覧ください🙇✨✨

 

そもそも4人目が生まれるころ

 

私15歳高校受験真っ只中ですし!!

 

姉も大学1年生色々青春をしはじめる頃に

母親の妊娠がわかり

 

タダ働き同然の家業を手伝わされ

つらそうだったし。

 

小6弟は多分なんらかの障害持ちっぽくて

(最近わかりはじめたやつね)

 

話通じなかったり

 

頼まれたことができなかったり

 

なかなか大変だったし!!!

 

そんな中母はひたすら我が道をつきすすみ

 

第4子を出産したわけです。

 

これは最近になって

 

母が急に語り出した話なのですが。

 

 

 

「実は第4子の前に

   二人子どもがいたのよね。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

は????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論的にはそういうことです。

 

彼女は自分の欲を満たすために

 

やることだけやって

 

第4子の前に

 

二人の子どもを降ろしていたのです。

 

 

正直これまでに色々されてきた話は

 

母を許そう。

 

と思ってきたことがありました。

 

 

私たちも本当に辛かったけど

 

きっと私たちには気づけない

 

母の辛さがあったのではないかと。

 

なので母と会話するときも、

 

しょうがないよね、仕方ないよね。

 

って言葉をよく口にしてきました。

 

正直なに話されても

 

それしか言うことないし笑

 

 

しかし今回はその言葉すらも出ず。

唖然としましたね。。

 

4人も産むくらいですから、

子どもは好きなんだと思いますよ。

 

でも性格的に本当に子育てに向いてない

 

ひたすら自分を優先したい人なんで笑

 

 

 

子どもを2人降ろしたと言う話は何度聞いても沸々と怒りがわいてきます。

 

墓場まで持って行かなきゃいけない話って

ありますよね。

 

私は話を本当に話してほしくなかったし

聞きたくなかった。

 

墓場まで持ってけよ!!!

って心の中で叫びました

 

 

なんと言っていいか分からず

無視しました。

 

 

世の中には

本当にほしくてもほしくても

子どもに恵まれない人

 

大切にしていたのに亡くしてしまった人

 

色々な方がいますよね。

 

私の友人にもいます。

 

そんな人たち、友人の思いを考えると

 

本当にうちの母は

 

ありえないなーと

 

この人バケモノかな?

 

と思いました。

 

子どもを授かることは

奇跡です。

 

金銭的な問題、家庭の問題

年齢の問題

 

授かった人全てが決して望まれた

妊娠ではないこともあるかと思います。

 

それでもあなたのお腹に

 

あなたの元にきた赤ちゃんです。

 

命ってそんな簡単なものじゃないです。

 

だからこそ一日を大切に

 

私のもとにきてくれた子どもたちの命を

 

大切に。

 

生きたいと母を見ていて思います。

 

 

今日も読んでくださり

ありがとうございました!!

 

ランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします😊

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ
にほんブログ村