毒親持ちだけど毒親になりたくない

二人の子をもつかあちゃんです。いわゆる毒親と言われる母親を持ってることに最近気づきました。毒親生まれ毒親育ち、そんな私の過去の話、現在の話を書いていきます。毒親もちだけど前向きに楽しくいきてますよーー!

毒親からの言葉に今も苦しめられる

f:id:okamamablog:20180918162541j:image

スポンサーリンク

U-NEXT

こんにちわ!

毒親うまれ毒親そだち

次女のM氏です!!

 

15歳で子どもを授かり

4人の子を産んだ母の話です。

 

うちの家庭は少々複雑です。
とりあえず15個差の弟がいます。


それはさておき
現在26歳のM氏🤟


24歳で第一子の長男を産みました。


それまで本当に本当にフットワーク軽い系女子だったんですね。☝️


とにかく家にいない!

外できゃっほーーい!!
ってやってる感じの人でした。


そんな感じだったので、

私の母が子ども産んですぐに


「あんたはジッとしていられないんだから

   朝なら預かってあげるから

   仕事してきなさい」


と言われたので

言われるがまま産後二ヶ月で

早朝6時〜10時の仕事復帰。


夫も出勤が早く

私も起きてる時間だったので
母が言ってくれたから〜と

お小遣い稼ぎになるし私も

 

ありがとうーー!!


って気持ちで母体めっちゃ疲れてたし
そんなに仕事する気もなかったけど、
なにも考えず預けていました。


しかしよくよく考えてみた。
母は昔からずーーっと

ギブアンドテイクの塊でした。


自分の得する話なしに

面倒見てくれるわけがない!!


と思ったらやっぱりそうだった。

 

「面倒見てあげるから
   週に1回店の手伝いしてね。」

 

 

という交換条件付きでした。


うちの実家は飲み屋さんでしたので、
まぁ接客業好きだし、いいかな
と思ってやっていたし

週に2〜3回見てもらってたから

全然よかった。


そんなこんなで預けることをお願いして

私も店を手伝ったりしていて...


約1年後、母が出先で急に体調が悪くなり、救急で病院に運ばれた。


病名は「脳出血」だった。


幸い命に別状はなかったものの
後遺症はそれなりに残っていた。


話できるくらいまで回復して

自分の親だし本気で心配していたから

 

毎日病院にもお見舞いに行ったし

 

できる限りのことを親孝行と思って

やったつもりだった。

 

 

しかし母は退院間近からずっと
友人や私以外の家族に

言っていたことがあった。


「孫の面倒みてたせいで病気になった」

 

 

 

ということだった。


正直この話を聞いた時は

本当にショックを受けた。
子育ては1人じゃできないし
誰かに頼って、助けてもらって自分も子どもも成長していくって思っていたから。。


でもこの日は
もーーーーーーー


本当に誰にも頼りたくない。

 

頼れない。

 

って心の底から思った日だった。


みんな「母は病気だからしょうがないよ」


ってフォローしてくれたけど


わかっていても、なんどもなんども呪いのようにその言葉が頭から抜けなかった。


今は私も
あの時は口に出さなかったけど

母も孫の面倒をみるってことが

ストレスに感じていたのかもしれない
 
って思えるようになった。

 


この経験を得て、
親、大人の言葉って子どもにとっては
重くのしかかるもの
なんだなーって思うようになったし

 

自分も子育て中だから

とてもいい経験になりました。


何歳になっても冗談ってやっぱりやだよね。

 

子どもには冗談通じないから本当に。


みんな気をつけようね。笑

 


今日も読んでくださり

ありがとうございました🙇💕

 

ランキングに参加しています!

応援よろしくお願いします😊

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ
にほんブログ村