毒親持ちだけど毒親になりたくない

二人の子をもつかあちゃんです。いわゆる毒親と言われる母親を持ってることに最近気づきました。毒親生まれ毒親育ち、そんな私の過去の話、現在の話を書いていきます。毒親もちだけど前向きに楽しくいきてますよーー!

姉E氏の自己紹介




こんにちは!

毒親うまれ毒親そだち

長女のE氏です!!

15歳で子どもを授かり

4人の子どもを産んだ母メインの話ではなく、




本日はわたくしの自己紹介と、
毒親である母とのエピソードを少しご紹介しまっす!





今日は妹である妹M氏にご紹介頂きました、
わたくしが妹M氏の姉でございます。


まさかの姉も参入?!!! - 毒親持ちだけど毒親になりたくない




昔は妹M氏にとってわたくしは毒をもたらす姉な
存在だったかと思われますww





毒親である母とわたくしは
年齢が16個しか離れておりません。






現在独身31歳婚活中でございます。
実家は出ておりシェアハウスに住んでおります。
仕事は会社員。





自分が毒親育ちと気づいたのが、
25歳の時。




スーザン・フォワードさんの
『毒になる親』


という本を読み確信しました。




気づいてからは、物理的に母と離れる為、
一人暮らしを始めると同時に母と絶縁します。





ところが母と距離を置いたのに、
一向に精神状態が良くなりませんでした。
死にたい毎日を送っておりました...





そして死にたいけど痛いのは嫌だから
中々死ねませんでしたww





そんな死にたい毎日を過ごしていたため、
25歳から27歳までの2年間は、
365日所構わず仕事中でも泣くほどの
情緒不安定でした。





でもいい加減どうにか抜け出したいと
思った時に、とある毒親カウンセラーさんと
出会います。



この方とその方の元に
集まった今も関係が続いている仲間たちのおかげで、
わたくしは、その後2年絶縁していた母と、
妹M氏の結婚式で再会しました。





さらに再会してから約9ヶ月後に、
毒母と2人で話すことが出来、
そこでひとまず毒母とのしんどかった過去を
清算出来ました。




今は泣く日がほとんどなく、
借金持ちで、死にたかった日々より、
貧困に片足突っ込んで困窮しておりますが、
毎日楽しくすごしております🤟🤟





何より毒母との事を一旦乗り越えてから、
死にたいと思わなくなったのが、
わたくしの中では素晴らしい変化です!!







さて、小学生の頃から妹M氏と弟の面倒をみてきたのは
妹M氏の記事からもわかって頂けるかと思います。




自立するまでは、自由がない日々でした。




ここからは毒母とのエピソードに入ります。



幼少期(4歳から6歳)の記憶に残っている、
毒母ネタは、
毒母がわたくしの好き嫌いを無くすために、
食べれない物があると、
玄関に締め出す。





というしつけをされておりました。
締め出された後は、どうやって家に入れてもらったかは記憶がございませんです😓😓
母の気が済むまで外に出されていたと思われます。




そのおかげでほとんど好き嫌いは
ありませんが、
今考えると玄関に締め出すことって
本当に意味がない行為だと思います。





締め出されても、子供はどうしたら良いか
わかりませぬ。
自分を責めることしかできません。
そうやってちょっとずつ自信が削られていくのです。




お子さんをお持ちのお母様方は、
このしつけ方法を真似されない事を
激しくオススメします_:(´ཀ`」 ∠):






叱ることはもちろん大事です。
叱って子供の社会性を育んで、
自立できるよう導くのが親の勤めなのではないかとわたくしは思います。




しかし怒ると叱るは全く異なります。
これを一緒にしてはいけませぬ。




怒って怒りをぶつけることは
しつけにはなりません。それは脅しです。
これは会社だったらパワハラに値します。



もちろん人間だから母親も怒ることは
あります。誰だって怒ることはあります。




子供って自由で本能のままに生きているから、
言う事を聞かなくてイライラするのも当然でしょう。
ですからまずは、怒っている自分に気がつく事が大事ですね(o^^o)





そんな感情の扱い方についても、
わたくしの経験でお役に立てる事があれば、
どんどんシェアしますので、
じゃんじゃんパクってご自分に取り入れてくださいませ。





以上姉E氏の自己紹介と、
過去に体験した毒親のネタでした。




本日も読んで頂きありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ
にほんブログ村