毒親持ちだけど毒親になりたくない

二人の子をもつかあちゃんです。いわゆる毒親と言われる母親を持ってることに最近気づきました。毒親生まれ毒親育ち、そんな私の過去の話、現在の話を書いていきます。毒親もちだけど前向きに楽しくいきてますよーー!

絶対にうそをついてはいけない


こんばんは!✨

毒親うまれ毒親育ち次女のM氏です!!


15歳で子どもを授かり
4人の子を産んだ母の話です。



私の母は子どもが嘘をつくことが
大嫌いでした。
嘘をつこうもんなら翌日には

家族全員の前で公開処刑

全員に責められながらただただお前が悪いと
自分の悪さを認識させられる時間。




反省させられたかと思うと

そのあとは一人廊下につれていかれる。

尻を出されて

思い切り靴ベラでひっぱたかれる。。

痛くて怖くてよけたらもう一発

みみずばれになった肌が本当に痛々しかった


どうしてこんなことで怒られなきゃいけないんだろうって何回も思っていました。



子どもって嘘つきますよね?

もちろんいけない嘘もあると思います。

でも記憶を探っても

そんなに異常な嘘を
ついた覚えはないんですよね。

今思うと完全に
母親のストレス発散だったと思います


お尻たたかれるだけならまだしも

時には満タンの缶コーラが

吹っ飛んできたり(笑)


命の危機を感じたことは何度もありました。

死んでなくて本当よかった。




年齢を重ねたら
この母のヒステリックも
少しは落ち着くのかな?なんて
思った日もありましたが全然でした。




数ヶ月前

母から急にLINEが送られてきて

確認すると手が血だらけの写真。。

なにが起きたのか理解できず

とりあえずやばい状況かもしれないと

母の家まで車を飛ばして向かうM

父からも連絡がきて

誰も仕事で行かれないから

申し訳ないんだけど確認しにいってくれ

とのことで急いで向かいました。


上の子にはどんな状況かわからないし
過激なものは見せたくないな
と思っていたので

近所の知り合いの方に少しだけお願いして
家の中へ

奥で聞こえる4人目次男(小6)の泣いている声。

玄関には3枚おろしにされたタブレット
(画面+中身+外見 になってました)


そして奥に入ってくと

グッシャグシャになった
部屋の中で布団にくるまり泣いている次男。



見てみると部屋中の家具が倒れ

勉強机についているガラスがすべて
バリバリに割れていました。

どうやらこれを殴ってできた

血だらけの手を母は写真にとって
送ってきたのです。

どうしたのか次男に話を聞くと

タブレットでゲームをやってないのに

やってるんだろうと怒鳴られ

やってないからやっていないと言うと


お前は嘘をついていると怒鳴られ

気づいたら部屋がこんなことになっていた。

怖くてなにもできなかったとのこと。



その後に思ったことは

この毒親は一生変われない

なによりひどくなっているとさえ思いました。

泣いている次男がかわいそうでかわいそうで

自分たちのされてきたことも思い出して

涙が出ました。






人は簡単に変われません。
だからまずは身近な人から変わりましょう

っていうのは

毒親には通用しません。

一番いいのは関わらないこと。


だけどまだ年齢的にも経済的にも
なにも持たない子どもたちは

そこから逃げ出すことができません。

長く長い間この毒親たちと一緒にいるので

いつのまにか洗脳されていく

普通に愛して愛されるということが
わからなくなってきます。

依存する人も多いです。
(昔の私)


この母のやり方が育て方が愛なんだと
勘違いしてしまう人もいるかもしれません。

でも愛情ってそうやって傷ついて傷つけられて
もらうものじゃないでしょう?

暴力や罵声で愛情は深まらない。


決してやってはいけないことです。





今日も読んでくださり
ありがとうございました!!!

ランキング参加しています。
応援よろしくお願いします。🙇✨
にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村