毒親持ちだけど毒親になりたくない

二人の子をもつかあちゃんです。いわゆる毒親と言われる母親を持ってることに最近気づきました。毒親生まれ毒親育ち、そんな私の過去の話、現在の話を書いていきます。毒親もちだけど前向きに楽しくいきてますよーー!

まじで死ぬんじゃないかなって思った

f:id:okamamablog:20180908120520j:image

 

 

こんにちわ!

毒親生まれ毒親育ちの次女

M氏です😊🙌✨

 

15歳で子どもを授かり

4人の子を産んだ母の話です。

 

父は四国の方に実家がある人で

18歳で東京に出てきた。

 

母と結婚したときには27歳。

立派なおじさんですね🙌

母は16歳になった1ヶ月後に姉を産んでるので

 

ほぼほぼ15歳の女の子を妊娠させてしまった

27歳の父。

(大人しい顔してなかなかやりおるな。)

 

お金持ちでもなんでもなかったけど

母の父(私たちのおじいちゃん)が

ものすごく父のことを気に入ってたらしく、

それもあって妊娠させちゃったのかなw

 

そのへんはあまり詳しく聞いていませんがw

 

時は流れ

私が4〜5歳くらいのときの話。

 

毎年お正月になると父方の祖父母が

私たちにお年玉を送ってくれていました。

 

その中には母にも当てた

お年玉が毎年あったのです。

(めっちゃいいやつやん)

 

あるお正月、みんなでお年玉をあけていると

母がふと言葉をもらしました。

 

「なんだよ、すくねーな!!!」

 

その後いつものごとく

おばあちゃんたちに電話。

みんな交代で

「ありがとう。」と伝える。

 

私のばん。

「おばあちゃんおじいちゃんありがとう。

ママがね〜!

お年玉少ないって言ってたよ〜〜!!」

 

そして電話を切ったあと

体が吹っ飛んだのを覚えている。

 

親切心でやっちまった言動が

単純にママが困ってる

と認識して言ってしまった言葉が

 

母の怒りに火をつけてしまったのだ。

 

その後どんな罵声を言われたのかは

覚えていない。

 

とにかく怒り狂ってた母。

それを必死に止める父。

 

季節は冬、1月。

 

気づいたときには

玄関の外に締め出されていました。。

 

ただの長袖長ズボンに裸足で。

 

この時本当に私は死ぬんじゃないかな?

って思ったのですっごく記憶に残っている。

 

その後も母の怒りを抑えられる人はいないので

 

でもさすがに寒空の下外に出されてたら

死ぬかもしれないですよね私。

 

父が家から出てきて言われた。

 

「なんで怒られたかわかるか?

お金少ないって話はおじいちゃんたちに

言っちゃいけなかったんだ。

今日はもう家には入れない。

パパと車で寝よう。」

 

寒い中車に移動してエンジンをかけ

うすい毛布をかぶりながら

父と一晩過ごした夜は二度と忘れない。

 

そしてこのときから

大人が言ったことは人にペラペラ

話しちゃいけないんだ

 

と幼いながらに理解したと思う。

 

私も子どもを産んで育てていて

子どもってなんでも親のマネするし

そしてそれに悪気はないし

ここまで怒られる必要はなかっただろうな

って思っている。

 

子どもの前でそんな話した親が悪いだろ笑

と今では思います。

 

母は16歳で田舎から出てきて父と結婚したので、

田舎のばぁちゃんからしたら

そんな若い嫁をもらって!!!

と父も散々言われていたそう。

 

そもそも仲良くなかったから

私の一言でさらにこじれてしまったのかな

と思うと少し申し訳ない気持ちが

今ではある。。

 

しかし、やりすぎ!!!!!!

 

感情的に怒ることは必要だと思うし、

それを否定はしない。

 

だけどやっていいことと悪いことがある。

しつけの度を超えていますよね。

 

他に大人がいたからよかったものの

命の危機に関わることは絶対にしてはいけない。

許されることじゃないです。

 

この時の私の気持ち、

本当に怖かったし恐ろしかった

 

父がいなかったら私はどうなっていたんだろう

って思うとゾッとします😨😨😨

 

 

今日も読んでいただき

ありがとうございました。

ランキング参加してます!

よろしくお願いします😊

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村